SEに必要な力とは?


【2章】SEに必要な力とは?

さて、前章では「SEはどんな仕事をしているのか?」を簡単に紹介しました。

では、そのような仕事に携わるSEはどのような力が必要とされるのでしょうか?

SEに必要な能力・スキルは次の3つに集約されます。
1に技術力、2に仕事力、そして人間力です。
ここではこの3つの能力について説明します。

1.技術力

やはり技術を売りに仕事をしていくSEですから技術力がしっかりしていないといけません。

プログラムに関してだけでなく、

・ コンピュータ全般やネットワークに関する基礎知識
・ 作成するシステムの設計図を書くための設計力
・ お客様の要求を分析し、必要な技術を洗い出す力

なども 技術力に入ってくるでしょう。そして、技術は日々進化していくものです。

SEとして活躍するためには常に勉強していく姿勢が必ず必要になります。

2.仕事力

次に仕事力です。
デキるSEはここが違い、限られた時間の中で 最大限の成果を上げることができるんですよ。

例えば、

・誰がみてもわかりやすく簡潔な書類を作成する能力
・短時間で要点のまとまった報告を行う能力
・複数のプロジェクトのスケジュール管理を行う能力
・忙しさの中から自分の時間をしっかりと作り、 心身をリフレッシュする能力

このようなものも仕事力の一つといってよいでしょう。

3.人間力

最後に人間力です。

人間力って何?と思う人も多いと思いますが、
一言で言えば 「人間としての成熟度」です。

SEは頻繁に人と接する仕事です。
たとえば、
・プロジェクトのメンバとのやりとりを円滑にする。
・お客様とよい関係を築き、しっかりと要求を掴む。
・お客様にまた一緒に仕事をしたいと思ってもらえる。

このように、人と人との関係を作っていく「人間力」は、
仕事の幅を広げるためにも、SEにとって大切な要素です。

まとめ

今まで説明してきたように、
SEには、技術力、仕事力、人間力が大切です。

特に人間力は、人と接する機会が多いSEにとって、
重要だといえます。

そのため、文系や理系で情報とは違う専攻・学科を出た人でも、
情報系の学科を出た人に能力で負けるとは限りません。
若干、入社直後の技術力では差はあるでしょうが、
その人のやる気やセンス次第で いくらでもデキるSEになることができるでしょう。

これで、カンタンSE入門講座は終了です。
さらに詳しくSEについて学びたい方は、より詳しく説明した「SEワンポイントレッスン」をどうぞ!