【誕生日に花を】リモート「花一輪」🌹

2022/9/21

こんにちは、櫻井@22卒新人です。
今回は、アクロの特徴的な取り組みの1つである「花一輪」について紹介します😊

花一輪とは、誕生日の社員に花を一輪ずつ、メッセージと共に渡す、という取り組みです。
社員の笑顔が溢れる温かい会社になるように、という想いで副社長が提案し始まったんだとか。
オフラインの時には「誕生日おめでとう」「今日飲みにいこうね」といった言葉と共に一輪ずつ花が渡され、最終的には👇の写真のように大きな花束になったそうです。
社員一人一人の気持ちが集まって花束になる。。すごく素敵ですよね。

オフライン時の花一輪の写真



フルリモートワークとなった今は、LINE花のスタンプメッセージを送り、花一輪を続けています。
つい先日は私の誕生日があり、多くの社員からスタンプとメッセージを頂きました😭
一つ上の先輩から年の離れた上位社員まで😲が、この先私に期待していることなど、心のこもったメッセージを贈ってくれました。
アクロを選んでよかった、これからも頑張っていこう、そう思えた一日になりました✨



こういった気持ちのやり取りって、やっぱり大事ですよね。
この花一輪のような取り組みを通してお互いの気持ちを伝えあっているからこそ、アクロには強い一体感があるんだと思いました。

いただいたメッセージ

花一輪、良い取り組みだな、面白いな、と思った方は是非インターンにお越しください!
まだまだあるアクロのユニークな取り組みについて知ることができますよ😁
お申し込みは、コチラから!

それでは今日はここまで。
読んで頂きましてありがとうございました!
次回をお楽しみに😄✨

【明日使える技術を学ぶ】若手SWS📚

2022/9/8

こんにちは、櫻井@22卒新人です。
アクロでは最近、若手SWSというものが始まりました。

まず、SWSとはStrategic Work Shopの頭文字を取ったもので、アクロの将来のために技術研究・勉強を集中して行おう、という取り組みです。
このSWS自体は昔から行われていて、話によると、アクロの自社製品のうちの1つはこの取り組みから生まれたのだとか。

今回始まった若手SWSは、その名の通りSWSの若手版です。
簡単に言うと、アクロがこの先さらに技術的にとんがっていけるように、若手で集中的に技術力を付けていこう!というものです。
なんだかこういうノリ、エンジニアっぽくていいですよね😁

具体的にどのように行っているのかというと、若手SWSに参加したい社員で集まり、
 ・クラウド/DevOpsチーム
 ・フロントエンドチーム
 ・バックエンドチーム
 ・機械学習チーム

の4チームに分かれています。
それぞれのチームで、技術力アップのための取り組みを決めて実施していくのですが、
ありがたいことに、各チームにはその道に精通した先輩エンジニアがアドバイザーとしてついてくれているんです😂

がんばるぞ!と意気込むバックエンドチーム。写真左上が頼りになるアドバイザーです✨

特に情報専攻外出身の私なんかは、一人で勉強していても分からないことがたくさんあるので、そういった時に気軽に質問できる、しかも各分野のスペシャリストの先輩がついてくれるというのは本当に心強いです💪

ちなみに私はバックエンドチームに所属していて、今後のプロジェクトのためにJavaの勉強を進めています。
もしかしたら知っている人もいるかもしれないですが、アクロは昔からJavaにすごく強いんですよ。
日本で3人目のJava Championがいたり、「Java本格入門」という本を出していたりするんです。

教材についても、アドバイザーと相談して決めました!

私もこれから、そんなアクロのJava戦力の一員となろうとしているので、この若手SWSを通してメキメキ力を付けていきたいと思います🔥
目指せ若手Javaエースですね😎

アクロの教育についてもっと聞きたい!という方は、是非インターンへお越しください。
もっと詳しい話が聞けますよ~😊
お申し込みはコチラから。

それでは今日はここまで。
読んで頂きましてありがとうございました!
次回をお楽しみに😄✨

【入社まであと半年!】内定者夏期研修📹

2022/8/24

こんにちは、櫻井@22卒新人です。
アクロでは先週、23卒内定者フルリモート夏期研修がありました🏖
私も1つ上の先輩として関わり、気付きが2つあったので、今回はそのことについて書きます。

1つ目は、これまで以上に内定者をサポートしていきたい、と思ったことです。
今回の夏期研修は、内定者が社員と同じようなスケジュールで一日を過ごし、「働く」ということを体感できるものとなっていました👔

内定直後から内定者研修を受けているとはいえ、内定者はいざ社員と同じ環境に来ると、右も左もわからずなかなか苦戦している様子でした。
なので、ランチや休憩時間に作業の進め方などを私からアドバイスしたのですが、思い返せば、自分も夏期研修では分からないことだらけだったなあ🙄

そんな中でも、先輩方が基本的なことから丁寧に教えてくれたので、なんとか最後までやり遂げることができたのでした。
特に私達新人は、内定者とも1つ差で年が近いので、先輩にしてきてもらったことを後輩に返していく、という意味でも、もっと私から働きかけてサポートしていきたいと思いました😁

新人と内定者でランチもしました🍽

2つ目は、後輩が突き上げてくれる、ということのありがたさです。
夏期研修中、新人と内定者でランチをした際のことです。
私達新人から内定者に向けて「もっと元気を出していこう!」とアドバイスをしたのですが、その後、逆に内定者から「そう言っている新人も元気がないのでは?」と突っ込まれてしまいました😅
実際、私たちも何か内定者に良いことを言おうとカタくなっていたので、正直、言われてしまったと思いましたね笑
でも、このように先輩後輩関係なく、相手のためを思ってストレートに思ったことを言い合えるのは、アクロらしくて良いな、とも思いました。

今回初めて後輩から指摘を受けましたが、このままじゃヤバイ、、!と感じました。
1つ上の先輩として、できていないところはひとつずつ改善し、成長していく姿を見せていきたいと思います🔥

まとめると、後輩の入社も近づいてきて、いつまでも新人気分ではいられない、ということですね。
また、彼らが残り半年間内定者研修を受けて、どんな姿で入社してくるのかも楽しみです😊

アクロの内定直後から始まる研修についてまだまだ知りたい!という方は、是非インターンへお越しください。
申し込みはコチラから!
また、内定者も夏期研修中にブログを書いていたので、是非コチラからチェックしてみてください👀

それでは今日はここまで。
読んで頂きましてありがとうございました!
次回をお楽しみに😄✨

【数値で丸裸に!😮】データで見るアクロクエスト

2022/8/3

こんにちは、櫻井@22卒新人です。
今回は、先日アクロの新卒採用ページで公開された、
データで見るアクロクエスト
を紹介します!

「データで見るアクロクエスト」は、その名の通りアクロクエストの特徴を様々なデータを用いて紹介しているページです。
就活をしていると、例えば人事から「うちは社内勉強会をたくさん開いているよ!」なんて言われたりしますが、たくさんって実際にはどれくらい開いているのか、全然分からないですよね😅
そういった意味で、アクロの内情を具体的な数値で赤裸々に説明しているページになっています。

今回は、中でも「専攻の割合」「入社の決め手」のデータを見てみましょう。


「専攻の割合」のデータを見ると、情報専攻の人が38%、専攻外の人が62%と、圧倒的に情報専攻外の社員が多いです。
かくいう私も物理専攻出身で、学生時代にはプログラミングをほとんどしていませんでした。
が、今はバリバリ、プログラムを書いていて先端技術にも携わっています。
というのも実は、アクロには内定直後から始まる内定者研修などの手厚い教育があって、そのおかげなんですよね😁

専攻の割合  

他にも、各社員の「入社の決め手」というデータもあります。
グラフを見てみると「社員の人柄」33%で1位となっていて、これはすごくアクロらしいな、と思いました。
私も就活生の時は、アクロ社員の人柄にはすごく惹かれました。なんというか、自分たちの利益のために学生を採用しているのではなく、一人一人の進路について、何がベストかを考えてくれていたんですよね😊
そしてその「良い人柄」という印象は入社してからも変わらず、本当に相手のためを考えてくれる人ばかり、と思います。
むしろ、アクロ社員の多くは「社員の人柄」が決め手となっているように、どんな人と一緒に働くかを大切にしているからこそ、皆良い人たちばかりなのかもしれませんね。😆

入社の決め手

ということで、データで見るアクロクエストについて紹介しましたが、やはりこうして数値で見ると分かることがたくさんありますね。
皆さんもこのページを見て、アクロが自分とマッチしそうか是非考えてみてください。

また、アクロについてのさらに詳しい情報は、インターンでも聞けますよ!
お申し込みはコチラから。

それでは今日はここまで。
読んで頂きましてありがとうございました!
次回をお楽しみに😄✨

【就活アドバイス】夏のインターンはここがポイント!🔍

2022/7/20

こんにちは、櫻井@22卒新人です。
就活生の皆さんは、夏休みも近づき、そろそろ本格的に各企業のインターンに参加し始める時期かと思います。
でも、インターンに参加してどんなポイントで企業を見ると良いのか、あまり明確になっていない人も多いのではないでしょうか。
かく言う私も、その一人でした😅

そこで今回は、社会人になった今だから分かる、夏のインターンで見るべきポイントを紹介します😉

今回紹介するポイントは、

 ①それって具体的には?を聞き「思っていたのと違う」を無くす
 ②現場の社員がいきいきとしていて楽しそうか?を見る

の2つです。

① それって具体的には?を聞き「思っていたのと違う」を無くす


これは、IT企業に就職した友人から聞いた話なのですが、
「プログラミングがやりたかったのに、新人は簡単な進捗管理しかやらせてもらえない」
「最先端技術に触れられると思ったら、それができるのは一部の部署だけだった」

といったように、入社してみたら思っていたのと違った、ということは実際にあるようです😅

なので、自分の求めるところは具体的に聞くことが大切ですね。
例えば、「最先端技術に触れられます」と言っても、では何年目から触れられるのか?どの部署で触れることができて、部署配属はどのように決まっているのか?そもそも、最先端技術の割合はどれくらいなのか?ほんの1割?それとも半分以上?などなど、、
入社後のギャップを埋めるために、聞けることはたくさんありそうですね😊

② 現場の社員がいきいきとしていて楽しそうか?を見る


社員がいきいきとしていて楽しそうか、これってすごく重要なポイントだと私は思うんです。
社員が自分の会社のことを楽しそうに話す、そんな会社って素敵だと思いませんか?
社員がいきいきしている、というのは、それだけ会社の社風が良くて働きやすく、また仕事も面白い、ということに繋がっていると思います😄

私は、この「社員がいきいきしている」というポイントをアクロのインターンで感じ、そこに惹かれてアクロに決めました。
実際に入社してみてからも、インターンで出会った社員以外もみんな仕事を楽しんでいる、という感じがしますし、何より私自身、技術も面白いし毎日刺激も多く、楽しく働いています😆

ただ、ここで重要なのは現場の社員の姿を見る、ということですよね。
インターンで話す人事がどれだけいきいきしていても、入社してから一緒に働くのは人事ではないですから。。😅
その点、アクロのインターンで話せる社員は現場のエンジニアがメインなので、とてもおススメです😁✨

ということで、夏のインターンで見るべきポイントを紹介しましたが、
共通して言えるのは、現場の社員と話すことが大事、ということでしょうか。
今回紹介したポイントをインターンで是非チェックして、皆さんが自分に合う会社を見つけられればと思います。

アクロクエストも、夏のインターンを実施しています!
出てくるのは、現場のエンジニアばかり!是非、皆さん来てください^^
https://recruit.acroquest.co.jp/remote1day-internship/

それでは今日はここまで。
読んで頂きましてありがとうございました!
次回をお楽しみに😄✨