就活アドバイス(岩塚)


歩みたい人生を考える

一番大切なことは、自分と向き合い、自分がどういう人生を歩みたいかを考えることだと思います。
自分にとって仕事とは何か、他人の言葉ではなく自分なりの言葉で、説明できるようになるといいですね。

私の場合は、「仕事とは、他人に対して価値を提供し、その対価としてお金をもらうもの」だと思っています。

なので、自分の特徴、長所が活かせる会社を選ぼうと思いました。

ただ、ここでいう自分の特徴というのは、
大学での専攻のことだけではなく、性格や考え方を含みます。

このように、自分の価値観を明確化し、
仕事とは何かが分かれば、自分の選ぶべき会社や、
進むべき方向が見えてくると思います。

しかし、中には
「自分の価値観が分からない」
「どういう人生を歩みたいかなんて決められない」
という人もいると思います。

そのような人は、いろいろな社会人の話を聞き、
世の中にどのような価値観を持った人がいるのかを知ると、自分の価値観を知るきっかけになるかもしれません。

このアドバイスが就活生の皆さんの参考になれば幸いです。

就活アドバイス(大塚)


未来の自分をイメージする

私は、その会社に入社したとして、充実感をもって働いている未来の自分がイメージできるか、が重要だと思います。

なぜなら、働いている未来の自分がイメージできていないと、入社した後に、
やっぱり会社に合わないと後悔し、多くの時間を無駄にする可能性があるからです。


そのために、早めに自己分析を行い、自分がやりたいことを見つける。 また、いろいろな会社を見て比較検討する。

そして、その会社の風土が自分と直観的に合うかどうかまで知る必要があると思います。

コロナ禍において、会社の雰囲気を肌で感じることがなかなか難しいとは思いますが、
ぜひ、将来の自分が気持ちよく働けそうかという観点から、就活してみてください。

就活アドバイス(小林)


どんな人と働きたいか

私が伝えたいことは、就活の軸として、
「どんな人と働きたいか」という視点をもって欲しい、という事です。
そのために、できるだけ多くの社員と積極的に話をするべきだと思っています。

かくいう私も、アクロクエストに出会う前は、
事業内容や成長できる環境があるか、という軸だけで就活をしていて、
共に働く人のことは考えていませんでした。

しかし、仕事は決して一人でするものではありません。

自分が就職する会社の人は、その仕事時間を共有する相手です。
仕事の過程で生ずる、辛いことや嬉しいことなどを
分かち合いたいと思える人で選ぶ

そうすると、楽しく働ける素敵な人生になると思いませんか?

就活アドバイス(笹野)


人生について考える

就活で一番大事なことは、人生について考えることだと思います。

皆さん、考えてみてください。この先40年働いていくとして、

  • 睡眠に8時間
  • 朝の身支度&朝食に1時間
  • 仕事に9時間(内1時間が休憩)
  • 通勤に往復1時間
  • 夕食&お風呂に1時間

と考えたら、自由な時間は1日に4時間しかないんです。そんな状況で、仕事が楽しいと思えなかったらどうしますか?
仕事は仕事と割り切って残された4時間を楽しみますか?週に2日しかない土日に自分の楽しみを見出しますか?
そんな生き方って勿体ないと思いませんか。

だからこそ私は、会社選びは給与だとか会社のブランドではなくて、
自分が楽しいと思える働き方ができるかどうか、そこで選ぶことが一番大切だと思います。
自分が70歳になって人生を振り返った時、ひとつも後悔の無い、良い人生だった、と思えるようにも。

就活アドバイス(二瓶)


将来を見据えた選択を

会社を決めるときに最も重要なことは、入社直後のことだけではなく、十年後、二十年後、…といった
長いスパンで自分がどうなっていたいかを想像することだと思います。

営業で働きたいのか、開発をしたいのか。人を動かす立場になりたいのか、現場で働き続けたいのか。
どんなスキルを身に着けていたいのか。報酬はどのくらいほしいのか。
ざっくりとしたものでもいいので、将来設計を立ててみて、それが実現できそうな会社を選ぶことが大切だと思います。

現在はCOVID-19の影響もあり、気軽に会社見学などには行けない情勢かもしれません。


しかし、逆に、この苦境の中で新たな取り組みをしている企業と、そうでない企業を見分けるチャンスでもあります。
皆さんが選ぼうとしている企業の将来を、そこで推し量ることができるかもしれません。

ぜひ、事前にとことん情報収集をして、自分の将来と企業の将来がマッチするところを選んでください。

このアドバイスが、皆さんの就活の一助となれば幸いです。