【誕生日に花を】リモート「花一輪」🌹

2022/9/21

こんにちは、櫻井@22卒新人です。
今回は、アクロの特徴的な取り組みの1つである「花一輪」について紹介します😊

花一輪とは、誕生日の社員に花を一輪ずつ、メッセージと共に渡す、という取り組みです。
社員の笑顔が溢れる温かい会社になるように、という想いで副社長が提案し始まったんだとか。
オフラインの時には「誕生日おめでとう」「今日飲みにいこうね」といった言葉と共に一輪ずつ花が渡され、最終的には👇の写真のように大きな花束になったそうです。
社員一人一人の気持ちが集まって花束になる。。すごく素敵ですよね。

オフライン時の花一輪の写真



フルリモートワークとなった今は、LINE花のスタンプメッセージを送り、花一輪を続けています。
つい先日は私の誕生日があり、多くの社員からスタンプとメッセージを頂きました😭
一つ上の先輩から年の離れた上位社員まで😲が、この先私に期待していることなど、心のこもったメッセージを贈ってくれました。
アクロを選んでよかった、これからも頑張っていこう、そう思えた一日になりました✨



こういった気持ちのやり取りって、やっぱり大事ですよね。
この花一輪のような取り組みを通してお互いの気持ちを伝えあっているからこそ、アクロには強い一体感があるんだと思いました。

いただいたメッセージ

花一輪、良い取り組みだな、面白いな、と思った方は是非インターンにお越しください!
まだまだあるアクロのユニークな取り組みについて知ることができますよ😁
お申し込みは、コチラから!

それでは今日はここまで。
読んで頂きましてありがとうございました!
次回をお楽しみに😄✨

【明日使える技術を学ぶ】若手SWS📚

2022/9/8

こんにちは、櫻井@22卒新人です。
アクロでは最近、若手SWSというものが始まりました。

まず、SWSとはStrategic Work Shopの頭文字を取ったもので、アクロの将来のために技術研究・勉強を集中して行おう、という取り組みです。
このSWS自体は昔から行われていて、話によると、アクロの自社製品のうちの1つはこの取り組みから生まれたのだとか。

今回始まった若手SWSは、その名の通りSWSの若手版です。
簡単に言うと、アクロがこの先さらに技術的にとんがっていけるように、若手で集中的に技術力を付けていこう!というものです。
なんだかこういうノリ、エンジニアっぽくていいですよね😁

具体的にどのように行っているのかというと、若手SWSに参加したい社員で集まり、
 ・クラウド/DevOpsチーム
 ・フロントエンドチーム
 ・バックエンドチーム
 ・機械学習チーム

の4チームに分かれています。
それぞれのチームで、技術力アップのための取り組みを決めて実施していくのですが、
ありがたいことに、各チームにはその道に精通した先輩エンジニアがアドバイザーとしてついてくれているんです😂

がんばるぞ!と意気込むバックエンドチーム。写真左上が頼りになるアドバイザーです✨

特に情報専攻外出身の私なんかは、一人で勉強していても分からないことがたくさんあるので、そういった時に気軽に質問できる、しかも各分野のスペシャリストの先輩がついてくれるというのは本当に心強いです💪

ちなみに私はバックエンドチームに所属していて、今後のプロジェクトのためにJavaの勉強を進めています。
もしかしたら知っている人もいるかもしれないですが、アクロは昔からJavaにすごく強いんですよ。
日本で3人目のJava Championがいたり、「Java本格入門」という本を出していたりするんです。

教材についても、アドバイザーと相談して決めました!

私もこれから、そんなアクロのJava戦力の一員となろうとしているので、この若手SWSを通してメキメキ力を付けていきたいと思います🔥
目指せ若手Javaエースですね😎

アクロの教育についてもっと聞きたい!という方は、是非インターンへお越しください。
もっと詳しい話が聞けますよ~😊
お申し込みはコチラから。

それでは今日はここまで。
読んで頂きましてありがとうございました!
次回をお楽しみに😄✨