【技術の基礎知識を学ぶ】社内勉強会~宮島塾~

2021/8/6

皆さんこんにちは、アクロ新人の岩塚です。

今回は、最近新人が参加している「宮島塾」という社内勉強会を紹介します。

宮島塾とは、アクロ社歴14年目の社員「宮島さん」が開講してくれている技術勉強会です👨‍💼

毎年開講されていて、インターネットやソフトウェアの開発手法、セキュリティーについて等、
受講者のリクエストによってテーマが決まり、幅広く教えてもらえます。

内容は入門的なものですが、新人を含む若手社員で
「この分野ちょっと自信ないな…」と感じている人は誰でも参加できるようになっています。

第一回「ネットワーク」
こんな感じでリモートで開催しています
第二回「認証・認可」
ちなみに講師の宮島さんは会社のシェアハウスから配信しています


今年度の宮島塾はつい先日開講され、新人がこぞって参加しました!

第一回目ネットワーク第二回目認証と認可がテーマで、どちらも学ぶことが多かったです。
特に情報専攻外から入社した私にとっては、知らないことが多く、基本を学ぶ上でとても助かっています。

例えば、「認証と認可」では、まずそもそもこの2つはどう違うのかということから学びました。

私は2つの違いを曖昧にしたままでした。。。
しっかりと定義まで戻って教えてもらえるので助かります。

他にも、ログイン状態の維持の仕方や、多要素認証の仕組みなどを教えてもらいました。

スマホアプリ等で何気なく本人確認とかをしていましたが、
実際にどういう技術が使われていて、裏ではどんな風に動いているのか知らなかったので勉強になりました。

エンジニアとして、普段から自分が使っているものに関しては理解しとかなきゃと思いましたね😅

また、宮島塾には講師の宮島さんだけでなく、その道に精通している社員が参加してくれて、
スマホがどのようにネットに繋がっているのかなど、一歩踏み込んだことを教えてくれました😉

今後も毎週開催されるようなので非常に楽しみです!

ということで、今回はアクロで行われている勉強会の1つ、「宮島塾」について紹介しました。

アクロではこのほかにも、開発合宿やライトニングトークなど様々な形で技術勉強会を行っています。
「どんなテーマのライトニングトーク?」「他の勉強会についても知りたい!」と思った方は、
是非インターンや会社説明会へ来てください↓↓↓

それでは今日はここまで。次回もお楽しみに!✨

【新人が見た!】アクロの社風:花一輪とホメキンコン編

2021/8/4

こんにちは、アクロ新人の笹野です。

気づいたら8月になり、アクロに入社してからもう4ヶ月経ちました。
そこで今回は、入社して4ヶ月で感じたアクロの社風についての感想を、その社風を形作るユニークな仕組みとともに
書いていこうと思います。

アクロの社風を形作る仕組みと言えば、全体会議 MA全体査定 Happy 360など数多くのユニークなものがあります。
本当はそれらの仕組み全てを皆さんに紹介したいのですが、流石に1記事では書ききれないので、
今回はその中でも花一輪ホメキンコンの2つについて、取り上げていこうと思います。

■ 花一輪

花一輪とは「誕生日の社員に、他の社員達が花を一輪ずつプレゼントする」という仕組みです。
この仕組みはアクロの副社長、タマさんが考案したもので、社員の笑顔が溢れる温かい会社になるようにと始められたのだとか。

オフラインで出社していた時は、実際に各社員が花を花屋さんで買ってきて

「いつもありがとうございます」
「これからも頑張っていきましょう」

といった言葉とともに、誕生日の社員に一輪ずつ渡していたそうです。

そして、もらった花が集まると最終的には左写真のように、素敵な花束が出来上がります。
自分の誕生日にこんな風に渡されたら、嬉しくて自然と笑顔になってしまいますね😂

オフラインでの花一輪
リモートでの花一輪

ちなみに、リモートワーク体制の現在は本物の花を贈るのは難しいので、右画像のようなバーチャル花一輪をLINEで送っています。

「笹野さん」と書いてある通り、右画像は私が4月の誕生日にもらったものです。
あくまで個人的な意見ですが、誕生日って自分にとっては特別な日だけれども、だからと言って周りの人に
「私、今日誕生日なんです」とは言い辛いですよね😅 リモートだと、直接会うわけでもないのでなおさらです。。

そんなこともあり、花一輪が自分に届くとはあまり想像できていなかった、というのが正直なところでした。
なので、実際に私の誕生日に花一輪で皆さんから「おめでとう」と言ってもらえたのは、とても嬉しかったです。
また、右画像のようなメッセージの他にも様々なメッセージをもらい、アクロの社員として頑張っていこうと思えた日でした。
誕生日が特別な一日となる、素敵な仕組みだと思っています。

ホメキンコン

ホメキンコンとは「自分が何か良いことをしてもらった時に、その相手にThanks Cardと100円を贈る」という仕組みです。
Thanks Cardというのは相手への感謝のメッセージを書く小さな黄色いカードです。
このThanks Cardと一緒に、相手へのちょっとした感謝の気持ちとして100円を渡します。

オフラインで出社していた時は、Thanks Cardと100円を相手に渡した後、
さらにもらった相手は社内においてあるラッパを鳴らして、ホメキンコンをもらったことを社員に共有していたそうです。

こちらもリモートワーク体制の現在は直接渡すことができないので、
Thanks Cardは書いた写真をLINEで、そして100円はLINE Payで
相手に送っています。

右写真は、私が実際に先輩からLINEでもらったThanks Cardです。
このように「良いアクションだったよ!」とあらためて言われると、
頑張って良かったな、と思いますし、なにより自信に繋がりました👍

また、ホメキンコンの良いところは「共有」にもあると思っています。
リモートでもこの「共有」は変わらず行われていて、
他の社員に渡されたホメキンコンの内容を自分も知ることで、
「そうしていけば良いのか」と周りを助けるコツを学ぶことができました

周りを助けるアクションが会社の中でどんどん広がっていく、
良い仕組みだなと実感しています。

ホメキンコンのThanks Card

さて、ここまで入社して4ヶ月で感じたアクロの社風についての感想を、花一輪ホメキンコンについて紹介しつつ書いてきました。
どちらの仕組みも人の気持ちを重視したもの、そこがアクロらしいなと思っています。

そして冒頭でも書いた通り、今回取り上げたものは数ある仕組みのほんの一部でしかありません。
他のユニークな仕組みについても気になる方は、アクロの副社長、タマさんが書いた以下の本で紹介しているので、
是非読んでみてください😉

それでは今日はここまで。次回もお楽しみに!✨

【年に一度のエンジニアの祭典!?】Engineer Grading Forum😁

2021/7/21

こんにちは、アクロ新人の岩塚です。

関東ではやっと梅雨が明けました。青空には大きな入道雲がもくもくと顔を出し、
暑いのが苦手な私は「夏が来た(ー_ー;)」と最近感じています。。😅
熱中症発生場所の3,4割は室内というデータもあるので、家でリモート授業を受けている方も十分注意してくださいね。

さて、アクロでは先週、Engineer Grading Forum(EGF)が開催されました!👏

EGFというのは、1年間を振り返って、エンジニアが好きな「技術の話」を思う存分話し合い、
自分の技術力が今どれくらいなのか、どれだけ成長したのか、というのを明確にする、そんなお祭りのようなイベントです。
新人の私も参加しました😁

EGFの中では、例えば、あるベテラン社員から、技術は年々変化しているので、
昔得た技術力のままではアクロの最先端のプロジェクトには足りないという話がありました。

いかにアクロが最先端の技術を扱っているのかを実感するとともに、日々の勉強が欠かせないと気が引き締まりました。

さらに会の後半に、上位のエンジニア社員から
会社としてどのように技術力を向上させるか、何の分野に注力するべきかといった話も聞けて、大変刺激的でした。

自分が会社に貢献するために何をすればいいか明確になり、ますますやる気UPです!🔥

EGFの様子

また会のまとめでは、ベテラン社員から、アクロでは年齢に関係なく、エンジニアとして定年まで働けるという話があり、
「役職に縛られずに、定年までエンジニアとして現場で働ける会社で良かったなぁ」と感じました😊

というのも、世間一般の出世コースでは、年を重ねるとポジションが現場のものづくりから管理職へと移っていき、
現場の技術に触れられなくなるという話をよく聞くからです。

実際に、大企業で研究者として働いている私の父の話なのですが、
ある時に昇進の道を選ぶか研究者としての道を選ぶか、選択しなければならなかったそうです。

研究を続けたかった父は、昇進の道を諦め、研究者として働く道を選びました。

対して、好きな技術を追い求めながら、昇進の道を進むことができるアクロは、
良い意味で変わった会社だと思います^^)

エンジニアが技術を求めて楽しく働けるアクロに入って良かったなと思うお祭りでした。

でも、今回は知らない話が多く、見て聞くだけのオーディエンスになっていたので、
早く私も議論に参加して、EGFにフル参加してみたいとも思いました😉

それでは今日はここまで。次回もお楽しみに!✨

【どんな環境で働いているの?】アクロ新人のリモートワーク環境紹介

2021/7/14

こんにちは、アクロ新人の笹野です。
私は今、札幌でリモートワークをしているのですが(アクロの本社は新横浜)、こちらはまだ日中も23℃くらいと少し肌寒いです😅
それに対して、新横浜では既に最高気温が34℃の日もあるとアクロ社員から聞くので、
同じ日本でも10℃以上も違うのかと驚いています(笑)

ところで、アクロではコロナ禍における社員のリスクを考えて、もう1年以上リモートワークを行っています
なので、私も内定者研修が始まった昨年の4月から今に至るまで、1年以上ずっと札幌からリモートで参加/仕事をしています💻
でも「実際、リモートワークってどんな感じなの?」って皆さん気になりませんか?
そんな皆さんに向けて、今回はアクロ新人、笹野のリモートワーク環境をご紹介します!

~ ズバリ、こんな感じです ~

アクロ新人、笹野のリモートワーク環境

どうでしょうか? もしかしたら「意外と普通だな」と思われたかもしれませんね(笑)
とはいえ、いくつか笹野のこだわりポイントがあるのでご紹介します。

1.案外見やすい、曲面ディスプレイ

正面から見た、笹野のリモートワーク環境
上から見た曲面ディスプレイ

ディスプレイは2面で、どちらも27インチの曲面ディスプレイにしています。「曲面」に興味があったので買ったのですが、
それまでは普通の平面ディスプレイしか使ったことが無く、正直かなり買うか迷いました。。

が、使ってみると案外見やすい😄 曲面になっているので、どこを見ても目からディスプレイまでの距離が同じ
なので、特に端の部分が平面ディスプレイよりも見やすいです。

また「曲面だから文字などが歪んで見えるんじゃないか」という心配もありましたが、全くそんなことはナシ
そしてなんと言っても、この「ディスプレイに包まれている」という近未来感ですよね😎

いや、もちろん私は実用性を最重視していますよ?😏
曲面ディスプレイとてもおススメです。皆さんもディスプレイを新調する際は検討してみてください👍

2.遊び心のある、コンデンサマイク

七色に光るコンデンサマイク
時間と共に色が変わっていく

リモートワークといえばWeb会議。それに欠かせないマイクは、コンデンサマイクを使っています🎙
もともとはヘッドセットを使っていたのですが、話しながら飲み物を飲んだりする時に、ヘッドセットだとなかなかマイクが邪魔。。
そこで「せっかくなら性能の良いコンデンサマイクにして、リモートワーク環境をより快適にしよう!」と思い買いました。
おかげでマイクの音質も良く、また口元からマイクが無くなったのでヘッドセットよりも快適です✌

でも、ライトアップ付きのマイクにする必要はあったのかと皆さん思いますよね? 私も思いました(笑)
実はこれ、先日のAmazon プライムデーでとても安くなっていたので買ったんです。
「ライトアップは要らないなあ」と思ったのですが、調べてみると設定でOFFにできたので、まぁいいかと思い買いました。

とはいえ、せっかくライトアップ付きのマイクを買ったので「最初くらいは点けてみるか」としばらくはライトONで使用しました。
それから数日後、もういいかなと思いライトをOFFにしてみたら、、なんか寂しい(笑)
そこで初めて、写真のように色が時間と共に変わるライトが意外にも安らぎを与えてくれていたことに気づきました。

居なくなって初めて気づく大切さってやつですね(?)
ただでさえ代わり映えのないディスプレイに毎日向かっているので、こうしたライトアップ等の遊び心も大切だと今では思っています。

いえ、もちろん音質が良かった、というのが大事ですよ!😅

さて、本当はまだまだ紹介したいポイントがあるのですが、長くなってしまうので今回はここまでにしたいと思います。
アクロ新人、笹野のリモートワーク環境紹介、どうだったでしょうか? 参考程度に、今回ご紹介した物のリンクです。

  1. 曲面ディスプレイhttps://jp.msi.com/Monitor/Optix-MAG272C
  2. 光るコンデンサマイクhttps://www.hyperxgaming.com/jp/microphone/quadcast-gaming-microphone

リモートワークだと、自分好みに仕事環境をカスタマイズできるので良いですよね✨
読んでもらって分かるとおり、私は作業効率を最優先に構築していますがね。😉 いや、決してオモシロではなく😋

他にも、リモートワークについて気になった方は、
アクロのリモートワークにおける取り組みをコチラのページでご紹介しているので、是非チェックしてみて下さい😊

それでは今日はここまで。次回もお楽しみに!✨

【リモートでも大活躍!】リングフィットアドベンチャー

2021/7/7

こんにちは、アクロ新人の大塚です。

今日は七夕ですね🎋

皆さんはどんな願い事をしますか?

ちなみに、短冊の色には意味があるらしいですよ。気になる人は調べてみてください😊

さて、最近はワクチン接種も進んできていますが、私はまだ受けられていないので、依然として外に出れず運動不足になってます😅

そこで、私の住んでいる社員用シェアハウスでは、

みんなでリングフィットアドベンチャー(おなじみ、Nintendo Switchのエクササイズゲームですね)を始めました。

社会人になってゲームかよ、って思うかもしれませんが、 これが意外と楽しいんです(笑)

食事はデリバリーに頼り、仕事は椅子に座っている時間が長い、体重も着実に増えてきている、、、

そんな私にもってこいのゲームですね。

実は、先日の社長の誕生日で社長から健康に気を遣うようにと話があったばかりなのもあって、

リングフィットの運動強度を徐々に増やし始めています💪

ちなみに私は高校からまともに運動をしていないので、約10年ぶりの本格的な(?)運動だったんですよ🤗

運動した次の日は、案の定全身筋肉痛になりました(笑)

やりはじめていいね👍と感じたこと

1.隙間時間でできる

やっぱりリングフィットは手軽にできるところがいいですね。

20分もあれば運動できるので、時間がかかるからやりたくない、という人でも言い訳できませんね(笑)

2.汗をかくことでリフレッシュになる

また個人的には、運動して汗をかくことで体から不純物が出て行っているような気がして、メンタル的にもリフレッシュできてます。

3.気になる部位のトレーニングができる

さらに、部位別に充実したトレーニングメニューがあるため、

腹筋だけでも腹直筋・腹斜筋・腹横筋などいろいろなところを鍛えられます。

私と同じシェアハウスに住んでいるもう一人の新人、小林さんは、

リングフィットのモードの一つである「ぽっこりお腹改善セットのしっかりコース」で腹筋を集中的に鍛えていました。

やっぱりお腹から肉が付き始めるので、特定部位に集中したコースがあるのはうれしいですね。

ちなみに会社で一番リングフィットをやっているのは意外にも副社長のタマさんなんです。

ゲーム内のレベルは476なんだとか、、、

私がまだレベル11なので約43倍ですね😲

ランニングやジムに通うことが難しいご時世ですが、

健康的に働いていけるように運動も頑張ります🔥

余談

休日はリングフィットで運動を頑張っていますが、

平日も、15:00~15:05の5分間、全社的に運動やストレッチをする時間をもうけているんです。

みんなで運動する時間があるといわれても、「ふーん」くらいにしか思わないかもしれませんが、

実際にやってみると一体感を感じますし、気分転換にもなっていいんですよね⭐

大学もリモートで家にこもりがち、、、そろそろ運動しないとまずい、、、と思っているそこのあなた

一緒にリングフィットを活用して健康的に頑張っていきましょう!

それでは今日はここまで。次回もお楽しみに!✨